Profile

左:TarO 右:JirO

アコースティックギターを手に
世界中のステージで驚異の兄弟喧嘩(サウンド)を繰り広げる
孤高の兄弟ロックデュオ”TarO&JirO”


2009年春、二人であてもなく渡英。
ロンドン・アイ前でのストリートライブやパブでのオープンマイクライブを経験し、言語、人種を超えて人々と共鳴し合う音楽スキルを身に付ける。
その後も欧州を中心に活動し、JAPAN EXPO 2011(フランス)、Rock Oz'Arene 2011(スイス)、Guitare en Scene 2012(フランス)等といった欧州フェスに多数出演。


2013年12月には日本で待望のメジャーデビューを果たし、昨年にはRISING SUN ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN、COUNT DOWN JAPANと言った日本の大型フェスにも多数出演し、2015年ブレイクが期待されるアーティストして複数のメディアから注目されるもわずか一年と半年足らずで自らメジャー引退を表明。


日本のメジャーシーンでの活動に終止符を打ち
「世界アーティスト」としてのTarO&JirOを再確認すべく新たな一章が今、始まろうとしている。


「下手くそでもあるがままの自分を貫いて生きてゆく」
また一つ常識を破り捨てた二人の”これから”を見逃すな!



...てな、感じでどうでしょう?