News
Piranha Tour 2015 Final – ライブレポート
2015-04-12

TarO&JirO Piranha Tour Final

Piranha Tour 2015 Final
そしてメジャー最後のTarO&JirOライブレポート

3月29日(日)@渋谷O-CREST

素晴らし・・・いや、凄まじかった。
こんなに何かに牙を剥きながら、それでいてあんなに楽しそうに音楽に向き合うアーティストは実に珍しい。
でもその牙はまるで獲物に噛み付くような力強さがあれば、我が子をくわえる優しさも持ち合わせていて、改めてタロジロックと言う音楽はタロジロ兄弟そのものなんだと感じた。

自らの心を恥じることなく曝け出し、衝動のまま行われるパフォーマンス(ステージにすら留まれず柵によじ登り挙句に客席に飛び出すタロー、そして俺にも暴れさせろと言わんばかりに時折ジャンプしながらキックドラムを蹴るジロー)、着飾られることに反発しむしろそれをおちょくっているかのような舞台衣装、言うことも奏でる音も全てが情けないくらい人間らしく馬鹿正直な二人・・・二人がメジャーとフィールドに合わなかった理由がよくわかる。

二人の新たな門出をお祝いしつつどこかで心配していたファンはきっと29日のライブを見て一安心したのではないだろうか。
なにせこれからメジャーと言うフィールドを離れ、新たな挑戦へ漕ぎ出す二人の勢いと情熱が五感全てを通じて私達の魂を焦がしたのだから。

TarO - Piranha Tour Final

JirO - Piranha Tour Final

(インタビュー 殿山かれん)

-ツアーファイナルそしてメジャー最後のライブお疲れ様でした。

(T&J)お疲れ様です。

-それでは早速ファイナルライブの感想を率直にお願いします

(T)うーんと、凄まじかったね、あれは。(笑) アンコールが二回あって最後の最後でまさかの「大人の運動会」。あんなに死に物狂いでライブができたのは正直久しぶりだった。
ツアー初日は名古屋、続いて大阪、そしてTour Finalの東京。ちなみに大阪でのライブの翌日に熊本のHappy Jackと言うイベントにも出たけど、メジャー引退を決めて以降のすべてのライブはどれも最高に気持ちがよかった。気持ちと言うのは面白いくらいあからさまに音に出るんだなと改めで感じた。

(J)ぶっちゃけ個人的には悔しい部分もありましたね。メジャー最後のライブと言うこともあって体がいつも以上に緊張してて実は普段間違えないようなところで間違えてしまったりとかあって。でもたぶん今回のライブはそんな細かい次元の話ではなくて、たぶん俺らの新たな挑戦に対する勢いとか、譲れない信念・気迫みたいのが伝わったんだと思います。
本当に会場のノリも熱くて俺が逆に独立に向けてみんなから勇気もらった感じでしたね。

TarO&JirO - Piranha Tour Final

JirO - Piranha Tour Final

-登場のジャム最高にかっこよかったですね。JirOさんが最初ステージに上がってきておもむろに奇妙な音階を弾き始めて、なんかシュールな始まり方だなと思って聞いていたらまさかの「世にも奇妙な物語」のJirOヴァージョン!
そしてその異様な空気感の中で、TarOがまさかのパジャマ姿で登場!掛け声と共にTarOが鋭いカッティングでリフを弾き始めそこにJirOのスラップギターが交ざり合い、二人だけと思えない激しく重厚なサウンドでジャムが始まり、そしてそれがまさかの「古畑任三郎のテーマ」タロジロヴァージョン。
あの選曲は一体何だったのでしょうか?(笑)

(J)あれは本当にライブの二、三日前に思いついて、何でだっけな?笑 あ、そうだ。Piranhaツアーの大阪公演の時に実はオープニングで俺だけが先に出て、その場の思いつきで「カエルのうた」のギター一人輪唱をやったんですよ。
今回もそういう感じでオープニングなんかやろうかなと思ってて。
で、結構おれ映画とかドラマとかのテーマソングが好きでたまに聴いたりしてるんですけど。今回のこの2曲もかなり好きで、これギターで弾いたらカッコいいんじゃないかって思ってyoutube聴きながらギターで弾いて遊んでたんですよ。
その後タローとジャムってみたらいい感じだったんで「よし、じゃ29日のライブのOPでやろう!」ってなって。笑
いつもそんな感じなんですよ!ライブ寸前でアイディア出てきてそれをそのまま使っちゃうって言う(笑)

(T)そうそう!(笑)そもそもライブで一番大事なのは自分たちが楽しめること。俺らが楽しめてなくて一体誰が楽しめると言うのか。そんなわけでよくライブの起爆剤としてライブ前日にイントロになるものを作るんだよね。
「ツバメ返し」のイントロ役の「Outbreak」とかまさにそう。あれも一昨年のEmergenzaと言うバンドバトルの準決勝ライブの起爆剤として作ったよ。

TarO&JirO - Piranha Tour Final

-当初はドラムを交えてツアーを行う予定でしたが?

(T)そうですね。これはメジャー引退と言うことで会社のサポートでドラマーを呼ぶことができなくなっちゃって、結局二人だけでやることにした。今までもずっと二人でライブしてきたから問題はないんだけど、ちょっと残念だったね。
Piranhaのアルバムにはドラムが入ってる曲もいくつかあったし、今後はもっと打楽器を加えて新しいタロジロックを奏でたいと思ってるから。
「What a bird’s ever seen」みたいな曲もセットリストに加えたかったんだけど、あの曲のラストパートなんて特にドラムなしじゃ世界観でないなと感じだから外すことにした。
逆に「Piranha」や「Right there」みたいなドラムありきで作った楽曲をギター二本、ヴォーカル二つ、キックドラムのみで表現することができたのはすごくよかった。

(J)でも結果的に二人だけでも戦えるぜって言うのをステージ上でも改めて見せられたと言うか。
意図したわけじゃないですけど、そういう意味でも最終的には今回のツアーは二人でよかったんじゃないかなって思ってます。

JirO - Piranha Tour Final

TarO - Piranha Tour Final

-ライブで印象に残ってることは?

(T)二回目のアンコール曲「大人の運動会」に入る前に俺が「二回もアンコールしたんだから、みんなこの曲が終わるときにはへとへとで立てないぐらいになってないと許さんぞ!」みたいなことを言って演奏したら、今までみたこともないくらいお客さんがジャンプしてて、あれはなんか面白い光景だった!(笑) 本当に楽しかった。
あと今回のツアーで「The last train for tomorrow」をセットリストに入れたんだけど、こういうバラードを激しいロックライブの中にうまく入れ込むことができて個人的には満足。

(J)俺も二回目のアンコールの「大人の運動会」が一番楽しかったな!笑

-さて、実際タロジロックファンにはやはりギター好きが多いと思うので少々使用機材などについても話を聞きたいのですが、今回も相変わらずJirOさんがTakamineでTarOさんがK・Yairiですが?
特に今回のツアーに向けて変えた機材などもあったら教えてください。

(T)相変わらずK・Yairiです!足元もいつも通り、でも大阪公演の時にいつも使ってるBossのフェイザーが壊れちゃった。(笑)

(J)相変わらずって(笑) いつも通りタカミネです。
特に変えたりとかはないですね。実は現在ベースアンプのみを使ってるんですが、そろそろギターアンプも使ってみようかなって思ってるんですよ。
今回はまだ実現してないですけどね。

-今回のライブがメジャーアーティストとしての最後のライブだったわけですが、もう少しメジャーと言うフィールドでやっていこうとは思えなかったんですか?あのライブを見て正直私個人の意見としてはタロジロックにドカーンと日本のメジャーシーンを変えて欲しかったな。そのパワーをタロジロは持っている気がするので。

(T)んー、日本のメジャーと言うか本当なら日本自体を変えたいよ!(笑)教育とか特にね。でも俺は政治家になるつもりもないし。
さっき殿山さんが言ってたけど残念ながら俺らは現在のメジャーと言うフィールドが合ってないんだよね。「もっと上手にやってかないと」みたいなことはよく言われてたよ。フェスとかでも予定外のことをする度に「毎回問題起こすね、きみは」って言われたりしたけど、逆にどこの誰がそんな優等生ロックバンドを求めてるんだろうと思う。

角が立たないように上手に媚を売って、「実力」と言う力ではなく何か別の力を借りて有名になってしまうバンドやら、歌も歌えないアイドルが増え過ぎて結局それがいわゆるメジャーと言うイメージになったから本当のアーティストが出にくくなっちゃったんだろうね。インディーズで知名度が低いバンドほどかっこいいって変な話だよね、でも悲しいことに俺の好きな日本のバンドやっぱり全部そんなに有名じゃないんだよ。

俺らは今自分たちのビジョンが明確に見えていてそれに向かってるだけ。メジャーを辞めることが目的ではなく目的に向かうために辞めただけ。

(J) いずれは変えるつもりですよ。ただ日本のメジャーと言うフィールドのど真ん中で戦うのは体力を使いすぎてしまうし、日本だけで有名になりたい訳じゃないんで
世界で戦いながらデカくなって最終的に日本に戻ってきてドカーンと衝撃を与えてやりたいですね。

TarO&JirO - Piranha Tour Final

-なるほど。とにかくタロジロファンの方々はさぞかし今後のお二人の活躍を期待されていることだと思います。
最後にひとつ質問なんですが、ライブが始まる直前のサウンドチェックでよく弾かれるギターフレーズであまり聞いたことがないものがあったのですが、ひょっとしてあれは新曲ですか?
今回以外のライブのサウンドチェックでも耳にしたことがありますが。

(T)はて、どれのことだろう・・・(笑) 俺がよくやるフレーズはAC/DCのBack in blackとかbeating around the bushあとはLed zeppelinのwhole lotta loveやらNirvanaのcome as you are、あとレッチリのSnowとかかな。

(J)俺はLarry GrahamのPowをよくやるよ。

-それくらい私も聞いてすぐ分かりますよ!(笑)なんかいかにもタロジロっぽい遊び心がある感じの音と言うかなんと言うか・・・

(J)あっ、もしかして「POI」のことじゃない?

(T)それだっ!

-ポイ??

…と言うことでみなさん、どうやらあれはPOIと言う曲っぽいです~

以上!ありがとうございました!!

TarO - Piranha Tour Final

セットリスト

Setlist - Piranha Tour Final

ダブルアンコール

13.大人の運動会

(写真 美春)