News
TarO&JirO反骨ツアー直撃インタビュー
2015-08-12

514A2363

TarO&JirO反骨ツアー直撃インタビュー
@どこかのビーチ編

8月某日
独立記念ツアー~反骨は拳骨よりも強し~を終えたばかりのTarO&JirO二人と全公演でドラマーを務めたキョウヘイ。
と或るビーチにて休日を満喫中のその三人に直撃インタビューを施行した!

(インタビュアー修ちゃん:以下修) まずT&Jの二人にツアーを終えての素直な感想を聞かせてください。

(TarO) 今回のツアーは東名阪、順番的には名阪東と3か所回って来てどれもまるでターザンの様に全力を出し尽くしてライブをしてきました。
今回はセットリストもこだわって、代表曲はもちろんインディーズ時代からやってた未収録の曲から新曲、そして5曲はドラマーのキョウヘイを交えて演奏をして本当にバラエティに富んだ良いライブになったと思います。

(JirO) 今までもずっと二人で活動してきたのですがメジャーと言うのを一度経験してから今回また二人に戻ったと言うことで
それまでの二人ともまた違いタガが外れた様な感じで自由で、そして初めてバンドを組んでそのバンドでツアーを周るような、そんな興奮が詰まったツアーだったと思います。

_MG_0754

_MG_0649

_MG_9921

-そして今回ツアーをずっと一緒に回ってきたキョウヘイさんはどうですか?-

(キョウヘイ)そうですね。こんな良いギタリストと二人と、まぁ以前にも一緒にバンドはやってたんですが、こうやって改めてこいつらと音楽ができて本当に楽しかったです。
3日間あっという間でした。

(T)本当に念願だったバンドでツアーを周れたって感じで本当に楽しかった。

(J)俺は高校三年間男子校で全然味わえなかった青春みたいなものを今回ツアーで味わえたんじゃないかって感じましたね。

_MG_0370

_MG_9849

_MG_9984

-なるほど。三人で久々に集まってツアーを周って、青春を味わってきたという訳ですがツアー三か所を周って来てそれぞれのお客さんの反応、手応えみたいなものはどうでしたか?-

(T)やっぱりメジャーにいた時ともまたちょっと違ってファンの方も本当に根強いタロジロ好きな人たちが集まってくれて、どの公演もやっぱりタロジロックを心から愛してくれてる人たちが多かったんで、お客さんも俺らも含め全体がすごい盛り上がっていて最高でした。

(J)やっぱり二人に戻ってプロモーションやキャンペーンなしで今回名古屋・大阪に行って、正直どれくらいお客さんが入るかとか色々不安はあったんです。
でもお客さんも想像以上に入ったし、やっぱりみんなが曲を覚えて一緒に歌ったりしてるのを見てて改めて勇気づけられました。

514A1797

514A2025

514A1784

-今回メジャーでは実現できなかった全公演ドラマーを交えてのツアーだったわけですがどのようにドラマー選びから、ライブまで進めて行きましたか?-

(J)まぁ今回のドラマーに関しては「金のかからないドラマー」と言うことで(笑)
って言うと言い方は悪いんですが、知り合いで叩ける人いないかと思ってそしたら俺が高校生の時に組んでたバンドでドラムをやっていたキョウヘイがいて、まぁ彼とはずっと演奏はしてなかったんですが、初めて一緒に音楽をやった時に音楽的なセンスですごい俺らと近いものを感じていずれまた一緒に何かやりたいなとは思ってて。
で、今回7年振りくらいにキョウヘイに声をかけて「こういうツアーをやるんだけど一緒にやらないか?」って。
キョウヘイもすごい前向きに取り組んでくれて、今回この三か所ドラマーを交えてのツアーが実現しました。
彼には本当に感謝してます。

(T)なりよりやっぱりフィーリングですね。肩書きみたいのが大っ嫌いで別にプロでなくても、良いものは良いと思ってるんでそう言う意味でも今回キョウヘイを誘いました。
もう音楽でばっちり繋がってるんで、この三人は。

514A1597

514A2142

-今回のツアーで新曲を2曲披露されました。フックのきいたメロディーで歌詞が2曲ともシニカルな日本語詞の内容だったと言うような印象がありました。
このタイミングで2曲とも日本語詞にした理由、またこの2曲を選んだ特別な理由などありますか?-

(J)あまり後から理由を作るのが好きじゃなくて、ツアーも「反骨は拳骨よりも強し」と言うタイトルを付けつつもタイトルによって内容を縛られたくないって言うのがあって、今回の2曲も単純にたまたま新しくできた2曲を演奏しただけです。
日本語になったのも今回の新曲ができた時に最初の印象でやっぱり日本語が合うなと思って日本語で書きました。
後は強いて言うなら、新しく始めたバンドプロジェクト”MunizO”の方で英詞をメインで書いているので、逆にTarO&JirOの方ではもっと日本語で面白い歌詞を自由に書きたいなと思って日本語になったかと思います。

 

-それではキョウヘイさんに質問ですが、ツアーを一緒に回ってきて改めてタロジロはどんな野郎共でしたか?-

(キョウ)そうですね。やっぱりこいつらは純粋に音楽と共に生きて、本当に音楽を楽しんで愛してるやつらだなと思いました。
最高っすね!

-タロジロ最高という訳ですね~是非次の機会にもキョウヘイさんのドラムも…-

(T)まぁキョウヘイにも色々事情があって今のところ毎回叩ける訳じゃないですが、叩ける時には是非また叩いてもらいたいと思ってます!

514A1457

514A2333

-ファンのみんなもまたキョウヘイのドラムを楽しみにしてると思います。
では最後に何かツアーの裏話みたいなものとかってありますか?-

(T)裏話とかあったっけ?

(J)むしろ裏しかない(笑)あ、でもツアーで2kg痩せました。
ツアーと言いつつ地方は2か所しか周ってないんですが、名古屋と大阪で毎晩キョウヘイに飲まされて2kg痩せました。

(キョウ)

-では最後にTarO&JirOの今後の展望や新曲のリリースなどファンが気になってると思うので是非教えてください。-

(T)まず、今後は先ほどもJirOが言いましたが”MunizO”と言うタロジロとはまた違ったバンドの方でも海外含め精力に活動していきたいなと思ってます。
また、タロジロの方は今まで通り基本は二人でやりつつ出来る時はまたキョウヘイにドラムを叩いてもらってツアーなどやっていきたいと思ってます。

(J)今回のツアーで披露した新曲も含めたアルバムを近いうち録音してまたツアーも行いたいと思っておりますので、今後も是非TarO&JirOの活躍お楽しみにしててください!

-なるほど。今後もTarO&JirOは精力的に活動していくと言うことで今後の活躍を楽しみにしてます!-

インタビュアー:修ちゃん
写真:MiiNa、Rie Nishinaka

インタビュー動画