News

インタビュー 2016/02/29 – Read the interview in English 2016年3月1日、新たな挑戦の初日。彼らが目指す“最終ゴール”へ向かう為、遂に海外へと飛び立ったMunizO(MNZ)の三人。 その前日、そんな野望に燃える彼らTaro(T)、Jiro(J)そしてYuta(Y)に素直な気持ちを語ってもらった。 -こんにちは、本日は準備で大変忙しいところインタビューの為に時間を割いて頂きありがとうございます。 (MNZ) ノープロブレム! – 簡潔にお話を伺っていきたい思います。ではまず目的地はどこですか? (T) この地球上のどこかだよ。 (J) 母国から遠く離れた場所。 (Y) とりあえず地球外ではないです。 -・・・みなさんいつも冗談ばかり言われてるので今回のインタビューも大体こんな流れになるとは思っていたのですが・・・行き先に関してはまた後ほど伺いたいと思います。 ではまずMunizOについて少し話していただけますか? どう言った経緯でタローさんとジローさんは新しいバンドを始めようと思ったのですか? (T) 昨年メジャーを辞める前から新しいバンドのアイデアはあったんだよね。 俺らの023-No one-と言う楽曲のメインのギターリフが出来た日のことを未だに覚えてるんだけど、その日は長野県にある小さなライブハウスに車で向かってて(正直この頃日本中を周ることにうんざりしてたんだ、天井の低い自家用車で・・・)暇だったから後部座席でギターをなんとなく弾いてて、そしたらふとカッコいいリフが思いついて すごいかっこいいと思うと同時にこの曲は他のタロジロの楽曲と雰囲気が少し違うなぁと思って。とにかくライブハウスに到着するまでに曲の流れと構成を完成させて、到着してからもジローと一緒に車の中でジャムを続けたんだよね。そこで出来上がって来たサウンドが本当にイカしてて、「あーこれはドラマー無しじゃ表現しきれないな。」って思って。 この曲が出来たおかげで新しいバンドを始めようと思えたんだ、本当に。この曲にはものすごいエネルギーがあるから。 ちなみに、余談なんだけどこの曲の最初のタイトルは「Meaningless gigs(無意味なライブ)」だったんだよ、当時の俺の心境が伺えるでしょ?(笑) ともかく、それ以来MunizOとし…