News

インタビュー 2016/02/29 – Read the interview in English 2016年3月1日、新たな挑戦の初日。彼らが目指す“最終ゴール”へ向かう為、遂に海外へと飛び立ったMunizO(MNZ)の三人。 その前日、そんな野望に燃える彼らTaro(T)、Jiro(J)そしてYuta(Y)に素直な気持ちを語ってもらった。 -こんにちは、本日は準備で大変忙しいところインタビューの為に時間を割いて頂きありがとうございます。 (MNZ) ノープロブレム! – 簡潔にお話を伺っていきたい思います。ではまず目的地はどこですか? (T) この地球上のどこかだよ。 (J) 母国から遠く離れた場所。 (Y) とりあえず地球外ではないです。 -・・・みなさんいつも冗談ばかり言われてるので今回のインタビューも大体こんな流れになるとは思っていたのですが・・・行き先に関してはまた後ほど伺いたいと思います。 ではまずMunizOについて少し話していただけますか? どう言った経緯でタローさんとジローさんは新しいバンドを始めようと思ったのですか? (T) 昨年メジャーを辞める前から新しいバンドのアイデアはあったんだよね。 俺らの023-No one-と言う楽曲のメインのギターリフが出来た日のことを未だに覚えてるんだけど、その日は長野県にある小さなライブハウスに車で向かってて(正直この頃日本中を周ることにうんざりしてたんだ、天井の低い自家用車で・・・)暇だったから後部座席でギターをなんとなく弾いてて、そしたらふとカッコいいリフが思いついて すごいかっこいいと思うと同時にこの曲は他のタロジロの楽曲と雰囲気が少し違うなぁと思って。とにかくライブハウスに到着するまでに曲の流れと構成を完成させて、到着してからもジローと一緒に車の中でジャムを続けたんだよね。そこで出来上がって来たサウンドが本当にイカしてて、「あーこれはドラマー無しじゃ表現しきれないな。」って思って。 この曲が出来たおかげで新しいバンドを始めようと思えたんだ、本当に。この曲にはものすごいエネルギーがあるから。 ちなみに、余談なんだけどこの曲の最初のタイトルは「Meaningless gigs(無意味なライブ)」だったんだよ、当時の俺の心境が伺えるでしょ?(笑) ともかく、それ以来MunizOとし…

News

12 月発売を予定しているMunizOファーストミニアルバム“023 (No One)”の詳細情報が公開された。 発売に先駆けて表題作“023(No One)”のミュージックビデオをリリース。 023 (No One) Preordained Fate Keloid At least we’ve these moments together When I feel on top of the world ミニアルバムは、2015年12月発売予定。5曲収録。 オンラインショップまたは、イベント時物販にてご購入いただけます。

News

アコースティックギター二本と声二つ、そしてキックドラムと言うスタイルで国内外問わず精力的に活動してきたTarO&JirOの二人。 今年4月にメジャーを自ら引退し、新たな局面を迎えた二人が秘かに温めてきた新たなバンドプロジェクトがこの”MunizO-無二三-”だ。   -“MunizO” Profile- 様々な音楽ジャンルを独自の技法と感性で新次元へと昇華し、唯一”無二”の音の衝撃を放つUnpredictable Rock Band=予測不能ロックバンド。 TarO&JirOでも活動するKimitaroとTomojiro、そして小林太郎、Qrymeの元ドラマーであるYutaの3人によって結成。 メンバー Kimitaro / エレキ的ギター&ヴォーカル、キーボード Tomojiro / ベース的ギター&ヴォーカル Yuta / ドラム&パーカッション SoundcloudにてMunizOダイジェスト版デモ音源公開中!! 今すぐチェック→ https://soundcloud.com/munizo023 MunizO Facebook https://www.facebook.com/pages/MunizO/494588827363861   -MunizOを始めるに至った経緯- ここ数年の活動で「TarO&JirO=ギター+声+キックドラム」と言うイメージが定着してゆく中で 「スタイルによって楽曲の可能性を縮めたくない」と言う思いが芽生え始めた彼ら。 昨年メジャーレーベルからリリースされたフルアルバム「Piranha」ではTarO&JirOの楽曲の中にもドラムを導入し、先月行われた東名阪ツアーでもドラマーを交えたステージを披露してきた二人だが、なぜ今回「ドラマーの加入したTarO&JirO」ではなく真新しいバンド”MunizO”として活動を始める必要があったのか。 理由の一つとして二人が作る楽曲の変化にある。 2013年のメジャーデビューまでは路上ライブを意識して二人だけで如何にロックするかを重点に置き楽曲を作ってきた二人だが、路上と言うフィールドを一度離れたことで楽曲の瞬発力やスタイルのアイキャッチーさだけではなく、より世界観の広がりや重厚感にこだわった曲作りを始めるようになっ…

News

TarO&JirO反骨ツアー直撃インタビュー @どこかのビーチ編 8月某日 独立記念ツアー~反骨は拳骨よりも強し~を終えたばかりのTarO&JirO二人と全公演でドラマーを務めたキョウヘイ。 と或るビーチにて休日を満喫中のその三人に直撃インタビューを施行した! (インタビュアー修ちゃん:以下修) まずT&Jの二人にツアーを終えての素直な感想を聞かせてください。 (TarO) 今回のツアーは東名阪、順番的には名阪東と3か所回って来てどれもまるでターザンの様に全力を出し尽くしてライブをしてきました。 今回はセットリストもこだわって、代表曲はもちろんインディーズ時代からやってた未収録の曲から新曲、そして5曲はドラマーのキョウヘイを交えて演奏をして本当にバラエティに富んだ良いライブになったと思います。 (JirO) 今までもずっと二人で活動してきたのですがメジャーと言うのを一度経験してから今回また二人に戻ったと言うことで それまでの二人ともまた違いタガが外れた様な感じで自由で、そして初めてバンドを組んでそのバンドでツアーを周るような、そんな興奮が詰まったツアーだったと思います。 -そして今回ツアーをずっと一緒に回ってきたキョウヘイさんはどうですか?- (キョウヘイ)そうですね。こんな良いギタリストと二人と、まぁ以前にも一緒にバンドはやってたんですが、こうやって改めてこいつらと音楽ができて本当に楽しかったです。 3日間あっという間でした。 (T)本当に念願だったバンドでツアーを周れたって感じで本当に楽しかった。 (J)俺は高校三年間男子校で全然味わえなかった青春みたいなものを今回ツアーで味わえたんじゃないかって感じましたね。 -なるほど。三人で久々に集まってツアーを周って、青春を味わってきたという訳ですがツアー三か所を周って来てそれぞれのお客さんの反応、手応えみたいなものはどうでしたか?- (T)やっぱりメジャーにいた時ともまたちょっと違ってファンの方も本当に根強いタロジロ好きな人たちが集まってくれて、どの公演もやっぱりタロジロックを心から愛してくれてる人たちが多かったんで、お客さんも俺らも含め全体がすごい盛り上がっていて最高でした。 (J)やっぱり二人に戻ってプロモーションやキャンペーンなしで今回名古屋・大阪に行って、正直どれくらいお客さんが入るか…

News

TarO&JirO official YouTube channel 新動画公開中! 古畑任三郎×TarO&JirO ピラニアツアーで初披露となった、人気テレビドラマ『古畑任三郎』のテーマ。 TarOJiROCKヴァージョンにアレンジされた古畑任三郎をご覧あれ! TarO&JirO official YouTube channel チャンネル登録はこちら! http://www.youtube.com/user/tarojirochannel/

News

メジャーからフリー転向後 初のワンマンライブ 東名阪ツアーが決定!!! 『TarO&JirO 独立記念ツアー 反骨は拳骨よりも強し 〜Hankotsu is mightier than Genkotsu〜』 名古屋公演 7/18 (土) 会場 Nagoya TAURUS (http://www.nagoyataurus.com/) OPEN 18:00 START 19:00 e+(イープラス) 大阪公演 7/19 (日) 会場 難波Mele (http://namba-mele.com/) OPEN 18:00 START 19:00 e+(イープラス) 東京公演FINAL 7/25 (土) 会場 下北沢ERA (http://s-era.jp/) OPEN 18:00 START 19:00 e+(イープラス) 【チケット】 前売 3,500円 当日 4,000円 ドリンク別 各公演e+(イープラス)にて販売中!

News

Piranha Tour 2015 Final そしてメジャー最後のTarO&JirOライブレポート 3月29日(日)@渋谷O-CREST 素晴らし・・・いや、凄まじかった。 こんなに何かに牙を剥きながら、それでいてあんなに楽しそうに音楽に向き合うアーティストは実に珍しい。 でもその牙はまるで獲物に噛み付くような力強さがあれば、我が子をくわえる優しさも持ち合わせていて、改めてタロジロックと言う音楽はタロジロ兄弟そのものなんだと感じた。 自らの心を恥じることなく曝け出し、衝動のまま行われるパフォーマンス(ステージにすら留まれず柵によじ登り挙句に客席に飛び出すタロー、そして俺にも暴れさせろと言わんばかりに時折ジャンプしながらキックドラムを蹴るジロー)、着飾られることに反発しむしろそれをおちょくっているかのような舞台衣装、言うことも奏でる音も全てが情けないくらい人間らしく馬鹿正直な二人・・・

News

”待望のメジャーデビューから、わずか1年4ヶ月ブレイクを目前にメジャー引退を表明ー” 海外での実績や路上ライブでの圧倒的なパフォーマンスが話題を呼び一昨年、2013年12月にメジャーデビューした彼ら。 翌年にはあの”ROCK IN JAPAN”を始め、各地の名だたる野外フェスで大暴れし、年末のCOUNTDOWN JAPANにも出演。 現場叩き上げの「ライブ力」を遺憾なく発揮してきた。 更に、名古屋ZIP-FMでは自身初のレギュラー番組を持つなどメジャーフィールドに於いて輝かしい活躍を見せた。 2015年1月にオンエアされた”COUNTDOWN TV”では「今年注目のアーティスト」として紹介されまさに彼らのブレイクは目前に迫っていた。 そんな矢先、TarOが個人Facebookページでのメジャー引退予告!? 1stフルアルバム『Piranha』を引っさげて臨んだ東名阪ツアーを最後に、メジャーフィールドでの音楽活動に幕を下ろした。 デビューからわずか1年4ヶ月、このタイミングでメジャーフィールドから退く本当の理由とは? 彼らが見据える壮大なビジョンとは? TarO&JirOの揺るぎない決意、覚悟、本音に迫る。